ひたすら更新する一人の日記 http://hanskilian.com My WordPress Blog Wed, 19 Oct 2016 23:30:05 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.8 会社や学校の宣伝にプロの映像制作。見積もり無料も有 http://hanskilian.com/?p=25 http://hanskilian.com/?p=25#respond Wed, 28 Sep 2016 23:18:57 +0000 http://hanskilian.com/?p=25 会社を経営されている方や学校の宣伝において欠かせないのが映像です。

パンフレットや広告で宣伝する方法もありますが、インターネットが普及した現代では、公式ウェブサイトでオリジナル映像を流すことも珍しくありません。

社長自らの挨拶映像を流せば、信頼度アップに繫がる可能性もあります。
また、食品関係なら工場の様子を見せることで清潔感をアピールすることもできます。また、動画投稿サイトに会社や商品の映像が流れるのも増えています。
特に人気動画の冒頭に映像を流してもらうことで、会社や商品の知名度アップに繫がります。
ポストに投函したチラシだと見られず捨てられてしまうことがあっても、インターネット上でふと流れる映像広告なら、視聴者が注目してくれることもあります。
個性的な内容だと特に注目が集まり、SNSなどで有名になることもあります。
しかし映像制作を素人が一から始めるのは簡単ではありません。

やはり映像のプロに制作してもらったほうが、商品をより良く見せるカメラアングルや光源を考えてくれるのでおすすめです。

そこで気になるのが映像制作の費用ですが、映像制作会社は小さな会社から大きな会社までいくつもあり、インターネットでの映像広告が多い現代では選択肢がたくさんあります。

映像制作会社情報のことならお任せください。

見積もりや相談は無料の会社もあるので、気軽に見積もってもらってはどうでしょうか。

遠方でのロケや役者を使わない内容であれば、意外に見積もりはそれほど高くないこともあります。最初は短い映像から気軽に制作してもらうと良いでしょう。

]]>
http://hanskilian.com/?feed=rss2&p=25 0
現在の映像求人について http://hanskilian.com/?p=21 http://hanskilian.com/?p=21#respond Fri, 26 Aug 2016 04:20:17 +0000 http://hanskilian.com/?p=21 最近の日本の産業においては非常に多くの日本人スタッフが映像求人を求めるようになってきています。

理由としては、結婚式場での撮影スタッフに関してはどんどんと人が入れ替わっているのですが、なかなか熟練した人を雇うことができなくなってきているため、
機材が新しくなると使い方をマスターするのに非常に時間がかかってしまうことが要因のひとつとなっています。

さらに、映像制作の求人を出すと人は集まってくるのですが、
たくさんのひとが集まってくるわりには、すぐに辞めてしまう人も多くこれまで以上にしっかりとした募集条件を出しておく必要があります。

特に結婚式の映像求人にかんしてはとても多くの募集がかかっているため、
たくさんのアルバイトや正社員などより多くの人を集めることができるようになっているのですが、それでも少しずつですがひとが集まるようになってきました。

現在の結婚式場のスタッフに関してもたくさんの映像制作を行うひとがいるのですが、人数が足りなくて回っていないときもあります。

このような状況にしっかりと対応していくためにもきっちりとした求人情報を掲載することで、より優秀な人材の確保につとめています。

また、今後のブライダル事業の動向としては少子高齢化の影響により結婚する人の数も減少傾向にあるため、たくさんの人たちが結婚式に携わることは少なくなってきますが、仕事内容としてはお客様よりしっかりと感謝される素晴らしい仕事ですので、やりがいがあり感謝に包まれる環境になります。

]]>
http://hanskilian.com/?feed=rss2&p=21 0
映像制作会社の実績について http://hanskilian.com/?p=17 http://hanskilian.com/?p=17#respond Fri, 29 Jul 2016 02:23:43 +0000 http://hanskilian.com/?p=17 近代では、静止画に文字の羅列の広告に代わって動画のニーズが増えています。昔は、動画の広告と言えば、TVCMくらいしかありませんでしたが、IT技術の発達により、TVの中だけでなく、一般企業でも受け入れやすい動画に移行してきているようです。

動画で広告を作るといっても、素人では良い動画広告ができるとは思えませんし、
実績のある映像制作会社に依頼するのが、クオリティの高い映像を制作してもらう近道かもしれません。

映像制作には、TVCMの他、ここ数年で急激に普及している、デジタルサイネージやWEB映像なども手掛け、幅広い案件に対応しています。

企業でのイベントや社内研修、マニュアル作成に至るまで動画制作しているのです。
映像制作会社を選ぶ条件として、十分な実績がある映像制作会社を上げる傾向があり、サンプルの動画を要求する人さえいるくらいで、
いかに効果があり、クオリティの高いものが制作できるか心配な面もあるようです。

実績のある映像制作は、タレントを使ったムービーからアニメやグラフィックスを使ったものまで制作するので、
専門の知識と技術と感性を持っているアーティストでなければならないようです。

せっかく高い費用をかけて映像を作るのですから、良いものを作った実績を要求されるのは当たり前かもしれません。

動画はインパクトも強く、路線を間違えれば、何を言わんとしているのかわからないような、クオリティの低い恥ずかしい動画では、顧客側も依頼する意味がないのです。

]]>
http://hanskilian.com/?feed=rss2&p=17 0
技術力が最大の武器。映像制作の求人 http://hanskilian.com/?p=13 http://hanskilian.com/?p=13#respond Tue, 28 Jun 2016 09:45:23 +0000 http://hanskilian.com/?p=13 映像制作の仕事をしたいと思った場合、ある程度若い年齢でないと仕事に就くのは難しいでしょう。なぜなら映像制作

は技術が必要な職業ですので、いきなり転職してすぐにできるようになるわけではないのです。

これはシステムエンジニアやプログラマー、デザイナーなどと同様です。
求人自体はたくさん出ていますが、経験者を募集しているところも多くあり、未経験者にとっては狭き門となります。

ではどのようにして未経験でも映像制作の求人に応募したら良いのでしょうか。

IT系の職種の多くは実力主義です。
そのため仕事として映像を作っていなかった場合でも、個人の趣味としてポートフォリオ(作品集)を提出できる準備をしておくと良いでしょう。

採用側にとってもポートフォリオが本人の実力を示してくれますので、
作品があるかどうかでは判断基準が大きく変わってくるのです。

また、映像制作の求人を探す場合はIT系に特化した転職サイトで探すと良いでしょう。

一言に映像制作と言っても使う技術は様々なです。
FlashのようなWeb系のツールを利用する場合もありますし、プレミアなどの動画編集ソフトを利用することもあります。

また場合によってはAfterEffectのような効果を追加するためのソフトが必要になることもあります。

動画関係のソフトはいくつか使えるようにしておいたほうが良いでしょう。
良い作品を作れるかどうかは本人のセンスによるところも大きくありますが、使えるソフトがたくさんあれば、それだけ表現の幅も広がるのです。

]]>
http://hanskilian.com/?feed=rss2&p=13 0
動画制作で気をつけたいこと http://hanskilian.com/?p=9 http://hanskilian.com/?p=9#respond Wed, 01 Jun 2016 02:01:27 +0000 http://hanskilian.com/?p=9 動画制作の場合、まず気をつけたいことは、いきなり無理しないということです。編集に凝ってみたいとか、色々な技

術を試してみたいという気持ちは分かりますが、はじめから時間をかけて動画制作をしていると、疲れて配信ペースが落ちてしまいます。

まずはできることからやってみるということが大事です。
次に、楽しみながら作るということです。

暗い顔した登場人物の動画は最後まで見てもらえません。
また、ネタの出し惜しみはしないということも重要です。

動画の場合、ネタを最後に取っておいてそのネタが何人に見られているかを冷静に分析しなければなりません。

はじめの15秒で面白くないと思われた動画は他の動画に切り替えられてしまい、視聴者は二度と戻ってきません。

このため動画制作をする場合には、ネタをはじめから披露していくこと、楽しめる作りを心がけること、無理をしすぎないことが重要です。

技術的な面では、カメラはなるべく固定させることです。
自撮りでも他撮りでもいいのですが、カメラがふらふら動く動画は見ていて気持ち悪く、視聴者が離れてしまう傾向にあります。

このためできるだけカメラは固定する、できれば安くてもいいので三脚を使う、この方が見やすい動画になります。

カメラの様々な機能は、せっかくだからと使ってしまいがちですが、動画は視聴者のものだという意識で動画制作に取り組む場合、余計な機能は使わないほうがよいでしょう。

これらを気をつけるだけで、動画の見やすさが大きく変わります。

]]>
http://hanskilian.com/?feed=rss2&p=9 0
実績に応じた映像制作 http://hanskilian.com/?p=5 http://hanskilian.com/?p=5#respond Fri, 06 May 2016 01:49:25 +0000 http://hanskilian.com/?p=5 映像制作は、実績に応じて完成度が変わってきます。映像制作会社で制作する映像は、企業から依頼されてきた内容によって、実写ベースであったり、CGをたくさん使ったりする事になります。

企業の案内ビデオであれば、各パート毎にテロップを多用する事があります。ドラマや映画などの映像作品であれば、企業の案内ビデオとは違った工程で作られていきます。

同じ映像制作のしごとでも、それぞれの分野での活躍が実績として表れてくる事になります。

企業が制作会社に映像制作を依頼する時には、企業が作りたい映像に合った実績を持っている会社に頼まなければ、

望んだ物とはかけ離れた仕上がりになってしまう事が多々ありますので注意が必要です。

 

高性能な機器を使う必要があるCGを多用した映像作品の場合、大部分の作業がワークステーション上となります。

エフェクトを付けたり、3DCGを使ったりする事が必要になったりしますので、制作費は長編になるほど高くなっていきます。

予算を考えながら、映像制作をしていく事が必要であります。

 

宣伝や企業案内で使うケースが多い映像は、消費者に商品やサービスを紹介したい時に内容を伝えやすいといったメリットがありますので、

積極的に映像を宣伝に使っていくと役立ちます。映像作品は、業者の実績によって仕上がりが変わってきますので、

高い仕上がりを目指すのであれば、このように映像制作実績のある映像を制作している業者を選択するのが良いでしょう。

]]>
http://hanskilian.com/?feed=rss2&p=5 0